2006「建築とまちづくり展」 in奈良

                                                                       2006年10月

(開催主旨)

 今日、建築とまちづくりをめぐって、社会的に様々な問題が生じています。たとえば、姉歯元建築士による耐震偽装事件、東横インによるハートビル法違反事件、高齢者をねらいうちした詐欺的金儲けのための「耐震補強改修」「しろあり対策」などが世間を騒がせています。これらの不正行為は著しく建築士や建築関連業務の社会的信頼を傷つけました。しかし、本来、建築やまちづくりは人間が生きていくうえで必要不可欠であるばかりでなく、夢があり楽しい営みです。現に、今日の錯綜した社会にあっても真に人々の住生活を豊かにするために、先人の知恵や経験を受け継ぎつつまじめに努力している建築技術者も少なからず存在しています。また、歴史的伝統的なまちづくりにおいても他分野の人々と共同しながら地道に努力を重ねている建築技術者も存在しています。これらの建築技術者の仕事や理念は、建築界と社会の健全な発展のためにもっと広く世の中にアピールされねばなりません。以上のことから、今回の「建築とまちづくり展」は、いたずらに新しい流行デザインを追い求めたり、華美を追求することを旨とするものではなく、働く人々の様々な住要求を誠実に受けとめ地域に根ざして奮闘する建築技術者の日々の仕事を紹介することに主眼を置いています。また、日々の仕事から生じる喜びや悩みを交流し到達点と課題を明らかにするなかで、いっそう豊かな住文化創造に寄与するとともに、建築界の健全な発展と社会的信頼の回復をとりもどそうとするものです。ひとりでも多くの方々に気軽に参加していただくことを願っています。

(主催)

新建築家技術者集団奈良支部「建築とまちづくり展」実行委員会
      実行委員長 川本雅樹                

(日程)

 11月25日(土)13時〜26日(日)15時

(会場)

奈良女子大学 奈良町セミナーハウス (旧正木家)    奈良市毘沙門町    

(内容)

   11月25日(13時〜17時30分)

第1部      活動発表及び展示 

  活動発表(設計・施工・木材生産の立場から)

● 自然素材を生かしたすまい ・・・・松本元子さん

  ● 身近な住宅改修の実例・リフォーム・・・・・藤見工務店  藤見真人さん

  ● 東吉野の杉を生かすとりくみ・・・・・松田登貴也さん

  パネル展示

     ● 施主のニーズに応えた木造住宅

      ● 歴史的まちなみに建つ住宅アイデア

● 入所者の立場にたった特養施設

11月26日(10時〜15時)

第2部      奈良町散策とシンポジウム 

10時〜12時 奈良町散策

13時〜15時 シンポジウム

     テーマ「奈良町のまちづくり---いま・むかし」

    コーディネーター 
             西村一朗さん(平安女学院教授、奈良女子大学名誉教授)

      パネラー: 藤野正文さん(奈良まちづくりセンター副理事長)

               黒田達夫さん(兵庫県庁営繕課)

            郡司島宏美さん(松山東雲短期大学助教授)

    (参加費) 1人300円 (資料代含む)